御堂会館建替工事について

難波別院の山門を兼ねた「御堂会館」は、老朽化によって止むなく 2016 年 1 月に休館いたしました。 今後の運営について鋭意検討を重ねた結果、定期借地権を活用した建替工事を行うことが決定しま した。つまり新施設は、事業者の資金を活用した建替によるもので、難波別院は御堂会館があった 土地を賃貸することになります。定期借地権は、60 年間を設定し、将来を見据えた境内全体を俯瞰する構想が今後展開されます。

建替を行う事業者は、積水ハウスグループの積和不動 産関西(株)で、ホテルを中心に運営されます。日本初の寺 院山門と一体となったホテルに加えて、浄土真宗のみ教 えを発信していくため、難波別院の総合案内所や多目的 会議室を含む、複合施設が建設されます。 運営されるホテルは、関西初出店となる「エクセルホ テル東急」が誕生します。御堂会館が担ってきた文化交流の歴史を継承し、御堂筋の新たなランドマー クとして世界各国から来られた方に日本のおもてなしを体感できるホテルが提案されています。 なお、竣工は 2019 年冬を予定しています。工事期間中は、ご参拝される皆様に大変ご迷惑をおか けいたしますが、何卒ご理解ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

工事期間中は参拝入口が変わります

工事期間中は、仮参道が設置されます。祥月読経やご納 骨等は通常どおり勤められます。また、「報恩講」や「盆 おどり」など、境内地を利用した仏事・行事等は、今後の 工事経過に合わせながら安全面を考慮して一部内容を変更 しつつ勤修・開催します。なお、教化センター事務所は、 同朋会館1階に移転し、御堂文庫(書籍の貸出・閲覧)を 継続して行っていますのでご利用ください。 境内の駐車スペースに限りがありますので、公共交通機関をご利用いただきますよう宜しくお願い申し上げます。

仮参道案内

仮参道案内

今月のことば

今月のことば
夜明けの前は 闇に決まっている 闇に先立つ 夜明けはないことである ~高光 大船~

ブットンくんTweet

ページ上部へ戻る